ヴィンテージデカールとリプロダクトデカール

ヴィンテージデカールは、ホワイトインクのベースを使用していますので、背景が透けて見える事は有りません。

一方、リプロダクトデカールは、ホワイトインクを使用することが出来ないインクジェットプリンタやレーザープリンタで印刷されている為、白色部分の背景が透けてしまう事が弱点で、白地に貼り付ける場合は問題ありませんが、濃色の物に貼り付ける場合は、下地の色が透けてしまっていました。

そこで登場したのが当店のホワイトベースタイプのデカールです。 これまで使用できなかったホワイトインクをベースに使用している為発色が良く、下地が透け難いという、ビンテージデカール同様の使用感となっています。

↓こちらの画像はヴィンテージデカールを使用しているため、白い部分は白インクを使用しています。その為背景は透けず、綺麗に白色が再現されています。

 ヴィンテージデカールの売り場はこちらです。

↓こちらはヴィンテージスタイルデカール(ホワイトベース)を使用してリメイクした物です。 下地の色に影響され難いため、淡色~濃色まで幅広くお使いいただけます。

 ヴィンテージスタイルデカール(ホワイトベース)の売り場はこちらです。

↓リプロダクトデカール 左:クリアシート 右:ホワイトベース

(左)ホワイトインクを使用していない為、背景が透けてしまい、発色が弱くなってしまいます。

有色の物に貼り付ける場合は、ホワイトベースタイプ(右)の使用をお勧めします。

 

通常タイプのヴィンテージスタイルデカール売り場はこちらからどうぞ。

ホワイトベースタイプはこちらからどうぞ。

 

リプロダクトデカールの貼り方

①デカールを切り取ります。

②水かぬるま湯に浸します。シートが水分を吸収してカールしますので、水から取り出して暫く待ちます。暫くするとカールが取れて、シートとデカールが剥離してきます。

もし剥離し難い場合は、再度水かぬるま湯に浸して、シートのカールを取りつつ、指でデカールの皮膜にシワを付けるようにこすって見てください。

それでも剥離しない場合は、角の方からデカールをめくって剥がして下さい。

③貼り付けたいものに、シートからデカールを少しずつスライドさせて行きます。

④ゴムベラやティッシュなどで、余分な水分を取り除きます。この時、こすり過ぎるとインクが擦れてしまいますので、ご注意下さい。

 (事前にクリアスプレーでコーティングしていただくと、擦れ難くなります。)

⑤自然乾燥又はドライヤーで乾燥させて出来上がりです。

⑥完全に乾燥させた後、クリアスプレーでコーティングしていただくと、剥げ難くなります。(陶器等への焼き付けを行う場合はスプレーをしないでください)

⑦陶器などの耐熱性の有る物は、オーブンで焼いていただく事で強固に密着し、洗っても剥げ難くなります。

 ※150度で約15分~30分(熱くし過ぎると、デカールが焼けて変色してしまいますのでご注意ください)

 

■練習用デカール差し上げます■

 いきなり本番は心配・・・  という方の為に、練習用のデカールをお付け致しますので、ご希望の方はお知らせください。

 

■ご注意■

・モニタのカラーと実際の商品に多少の色の差が御座いますのでご了承ください。

・クリアタイプとホワイトベースタイプでは、印刷方法が異なる為、若干の色の違いが御座います。

・特殊用紙の性質により、印刷時に薄い斑模様が生じますが、異常では御座いません。